あらまし(沿革)

1952年(昭和27年)道立図書館の移動図書館「あけぼの号」島松地区を巡回
1961年(昭和36年)公民館図書室が設置される
1979年(昭和54年)市民会館内に図書室が設置される
1983年(昭和58年)島松公民館が新設され、各図書室を中心として読書活動を推進
 
1989年(平成元年) 3月10日図書館建設検討委員会を設置
8月 8日「図書館基本構想」策定
1990年(平成2年) 4月 1日教育委員会に図書館建設準備室を設置(3名体制)
4月20日「図書館基本計画」策定。図書館委員会設置(委員6名)
6月 2日図書館シンポジウム開催 (市民の意見・要望を取り入れる)
11月24日建設工事着手
1992年(平成4年) 7月28日工事完成(図書館施設、外構完了)
7月30日市立図書館オープン
1997年(平成9年) 4月平成8年度市民1人当り貸出冊数5.94冊が全道市部で1位
1998年(平成10年) 7月文部省委嘱事業「子どもの心を育てる図書館活動推進事業」実施
1999年(平成11年) 2月まちの魅力発見壁新聞コンクール(3市1町の広域事業)
2000年(平成12年) 7月文部省委嘱事業「子どもの心を育む読書活動推進事業」実施
12月「ブックスタート」(試行)を全国に先駆けて実施
翌年4月から完全実施(9・10ケ月児対象)
2002年(平成14年) 5月 1日ホームページ稼動により蔵書検索が可能になる
7月30日開館10周年を迎え、「図書館要覧10周年記念誌」を発刊
10月 1日HP稼動により各館の「図書館だより」が閲覧可能になる
11月23日開館10周年記念講演会「子どもの今を語る」講師:河合隼雄氏
2003年(平成15年) 4月 1日図書館が部に昇格(市立図書館と学校図書館の一元化)
8月 7日恵庭分館を市民会館から「恵庭市交流プラザ・まなび館」へ移転
2004年(平成16年) 4月 1日市内小学校8校全校に全道初の学校司書を配置(市費設置)
12月「恵庭市立図書館サービス計画」を策定
2005年(平成17年) 2月 「恵庭市子ども読書プラン」を策定
12月「学校図書館ステップUPプラン」を策定
2006年(平成18年) 4月 1日市内中学校5校全校に全道初の学校司書を配置(市費設置)
9月 1日「子どもの読書活動を支える寄附制度」を設ける
2007年(平成19年) 2月20日図書館システム更新
4月 6日「ブックスタートプラス」(1歳6ケ月児対象)実施
6月 1日インターネット予約サービス開始
6月 私立幼稚園・認可外保育施設への図書整備進める
7月18日学校図書館システムとのオンライン連携開始
7月 市立図書館と学校図書館間の配本システムを拡充、巡回運行開始
8月31日文部科学省委託事業「読む・調べる習慣の確立に向けた実践研究事業」(子ども読書の街)の指定(H19~H20年度の2ヶ年事業)
9月26日恵庭市子ども読書の街推進委員会設置
2009年(平成21年) 4月14日子ども用ホームページ開設
10月家読(うちどく)推進事業開始
2010年(平成22年) 6月 1日図書館(本館)内インターネット環境整備「公衆無線LANアクセスポイントの開始
7月 7日図書館本館にて月2回対面朗読サービス開始
7月 8日図書館入館者500万人達成 翌9日記念セレモニー開催
9月第1回恵庭市小・中学生調べる学習コンクール(以後継続)
10月 北海道GND基金事業により図書館省エネ改修工事実施
2011年(平成23年) 1月14日図書館窓口等業務委託企画提案公開
4月 1日図書館窓口等業務委託開始
全館祝日開館 開館時間延長(本館のみ)
10月(仮称)読書のまち推進条例制定に向け取り組み開始
2012年(平成24年) 4月 1日図書館長の専任から、教育部長が兼任の組織機構
9月16日黄金ブックステーション運用開始
2013年(平成25年) 1月26日開館20周年記念講演会「読むこと書くこと伝えること」講師:東直己氏
4月 1日恵庭市人とまちを育む読書条例施行
10月 1日「読書のまちえにわ」看板3館正面玄関設置
10月 6日恵庭まちじゅう図書館開始
12月10日高齢者等宅配サービス開始
2014年(平成26年) 4月 1日図書館長が郷土資料館長を兼務
10月 1日恵庭北高等学校への団体貸出開始
2015年(平成27年) 3月10日雑誌スポンサー制度実施
4月 1日教育部次長が図書館長を兼務
4月 指定管理者制度導入検討開始
7月 図書宅配サービス拡大
9月11日恵庭南高等学校への団体貸出開始
2016年(平成28年) 9月 1日高校ブックライン(恵庭北高)サービス開始
9月10日かしわのもりブックステーション運用開始
2017年(平成29年) 4月 1日指定管理者制度導入開始