恵庭のれきし

  - 交通路とまちのうつりかわり -
恵庭に“みなと”があった
 内陸にある恵庭に港(みなと)があったというと不思議に思うかもしれません。でも、ほんとうに港があり、番屋(ばんや)や船着場がつくられていたのです。
 北海道は古くは蝦夷(えぞ)と呼ばれ、未開の地であり内陸に入るには道路が十分に整備されていないので河川を利用して舟で行くのが一番効率のよい方法だったのです。

 石狩川をさかのぼり今の江別で千歳川に入り漁川との合流点付近に“えにわみなと”があり、ここからイザリブトやシママップに向かいました。えにわと言う地名は明治39年になって正式に使用されるので、昔はシママップ・イザリなどの地名として記録が残されているだけでした。

 この“えにわみなと”は江戸時代から昭和時代のはじめまでありました。蝦夷地の産物が運び出され、本州から人や物資が入ってくる恵庭の玄関でした。現在の漁川南12号橋付近の林田地区に「イザリブト番屋と船着場」の立看板があります。

 蝦夷地の産物としてサケ・マス・木材・砂金などがよく知られていますが、意外な産物があります。時代劇を観ていると鷹狩(たかがり)の場面があり、タカが侍の腕から飛び立ちウサギを捕まえるシーンがよく見られます。松前藩では、このタカを捕まえる場所を鳥屋場(とやば)と呼んでいました。イザリ・シママップもこの鳥屋場にふくまれていたようです。“えにわ”で捕らえられたタカが時代劇のように、空を飛んでいたと考えると歴史のおもしろさをおぼえませんか。

船着場の立看板
船着場立看板
 
船着場付近の漁川の風景(現在の林田地区)
船着場付近
漁川の流れに
 18世紀中ごろ飛騨屋武川久兵衛(ひだやたけかわきゅうべい)が漁川上流でエゾマツを伐採(ばっさい※木をきりたおすことして、春の雪解け水を利用して石狩川河口まで流送して、船で江戸や大阪まで運んでいました。

 この漁川流送ルートは昭和のはじめまでメインルートであり、材木だけでなく漁川やモイザリ川でとれたサケも漁川から“えにわみなと”の船着場に行き、千歳川・石狩川を通って運び出されました。このように古い時代から近代まで漁川流域がまちの中心であり、漁川が生活の中で大切な役目を果たしていたことがわかります。恵庭にとっては“母なる川”です。 

道路でまちへ
 人も荷も安全に早くたくさん運ぶには馬のちからをつかえる道路づくりが必要でした。恵庭の地では札幌方向と苫小牧・千歳方向の両方向へと道路づくりが進められました。大きな視野で見ると日本海方向と太平洋方向から、石狩川〜千歳川〜漁川と勇払(ゆうふつ)・安平川〜美々川などの河川ルートよりもさらに内陸部を通る道路づくりが行われました。

 江戸時代の“えにわ”はどんなようすの所だったか記録を調べてみると、1846年に松浦武四郎(まつうらたけしろう・幕末の探検家)が記録しているシママップは、番屋とともにアイヌの住居が三、四軒あり、土地が肥沃(ひよく)で野菜がよくできたようです。また、イザリブトにはりっぱな番屋や蔵、アイヌの住居が五、六軒あり、豆・ヒエ・アワ・ジャガイモなどを作り、鹿肉や沼のヒシの実を大切な食料にしていたことが記されています。

 山田文右衛門(やまだぶんえもん、8代有智)が文化年間にイザリブト〜千歳間の道路を開き、千歳〜ビビ間の道路を改修して荷馬車を通わせ、10代清富(きよとみ)のときにイザリブト〜シママップ間が開通するなど“えにわのまち”がつくられていくのでした。この後、明治6年になり函館から札幌までの「札幌本道」が完成し、人も物資も交通量が増え、えにわ”に移住してくる人も多くなりました。

鉄道ができる
 大正15年(昭和元年1926)に“えにわ”に鉄道ができます。沼ノ端〜苗穂間で開通したもので恵庭村の中に恵庭と島松の二つの駅ができました。林業や農産物の出荷が便利になり恵庭が発展していくことになります。

 昭和4年には、島松駅から長沼に乗合自動車が運行されました。現在のバスと鉄道の連携(れんけい)のように交通網が整備されていくことになります。

 また、昭和6年には漁川に王子製紙恵庭発電所ができ、木材の流送が不可能になったときに木材輸送と発電所建設の資材を運ぶための盤尻森林軌道ができ、昭和30年まで使われました。ラルマナイ川上流から恵庭のまちまで木材を運び出したようです。
 鉄道ができることで人・荷の交通量は飛躍的に増え、産業が発達していくことになります。米や豆、野菜などの農産物や林業の木材などの輸送を鉄道で行っていく時代に入ります。

道路により変わるまち  
 道は人々が快適な社会生活をするために大切な役わりを果たしています。

 そのため、道によってまちのようすが大きく変化することもあります。恵庭のまちも明治6年の「札幌本道」の開通により、この道沿いにまちがつくられ商店街やお寺、神社も近くに出来て発展してきました。
大町の様子
旧道大町付近のようす

右側が旧国道で左側が国道36号線
右側が旧国道で左側が国道36号線(現在の道道46号線)
 終戦後、駐留していたアメリカ軍は道路舗装要請しました。
千歳基地と真駒内キャンプの間をジープやトラック、島松演習場と千歳基地の間では戦車などの重車両が行き来するときに、地響きがひどく、そして雨や雪解け時にできるぬかるみが原因で移動しにくいので札幌〜千歳間の道路改良と舗装を1年間でするようにと要請しました。

 このため、恵庭の国道36号線もアスファルト舗装され、柏木〜駒場間のルートが切替わり、以前の国道は旧国道と呼ばれることになります。
 この新しい36号線は、着工からわずか1年で完成しました。
1953年(昭和28年)のことです。

 新しい国道36号線は「弾丸道路」と呼ばれました。
弾丸と呼ばれた理由は米軍が弾薬を運んだためという説と、弾丸のように速く、短期間に工事が終わったためという説があります。
 その後、車社会に変わることにより、弾丸のように速く車が走ることができるためという説も生まれました。
 新しい36号線沿いに商店街が移動して、町の中心が変わって行くことになります。

 大きなショッピングストアーやレストラン、銀行、自動車販売店などができました。
 
国道36号線(現在は道道46号線)
国道36号線(現在は道道46号線)

 その後、国道36号線の交通量のいちじるしい増加のため、サッポロビール工場付近からバイパスルートで新道をつくることになります。北柏木〜恵南間約8.2キロが現在の新36号線です。

 住宅や商店などがほとんどない地域を通過した道の道路沿いに今、変化があらわれています。校外型の駐車場を広く確保したショッピングストアーや道と川の駅「花ロードえにわ」などたくさんの商業施設がつくられ、あたらしい恵庭の顔を見せ始めています。
現在の国道36号線のようす
現在の国道36号線のようす

現在の国道36号線
現在の国道36号線
むかしの国道36号線(昭和20年代後半
むかしの国道36号線(昭和20年代後半)

36号線の今昔 提供:恵庭市広報広聴課