国指定史跡 カリンバ遺跡

カリンバ遺跡
墓と副葬品 装身具

カリンバ遺跡

 カリンバとは、アイヌ語で「桜の木の皮」という意味。以前はせきの近くを、遺跡名のもとになったカリンバ川という小川が流れていました。
カリンバ遺跡は、この川が流れるていめんと、それより2~3mほど高いだんきゅうめんに残されたじょうもん時代から近世アイヌ文化期の遺跡です。とくに、縄文時代後期末から晩期初め(今から約3,000年前)の頃のうるしせいひんを多数納めたがっそうは全国的にも珍しいことから、平成17年に段丘面と低地面をあわせ、約4.2ヘクタールが国のせきに指定されています。

低地面は生活の場所

 低地面の森の中には、段丘面の墓地と同時期に造られたちょぞうけつたてものあとあとが残され、はちがたせっせきしょくうるしりのくしうで、かんらん岩やせいだま、サメ歯などが出土しています。また、赤色鉱物の粉や、赤いがんりょうが付着した長さ60cmほどの板状のいしざらなどはカリンバ遺跡を解き明かす重要なぶつです。カリンバの森は、縄文時代のタイムカプセルといえます。

自然豊かなカリンバの森

 低地面は縄文時代が終わると厚い粘土層におおわれていきました。現在では、ハンノキ・ヤチダモなどのらくようこうようじゅの森になっていて、早春にはミズバショウのぐんらくもみられます。

段丘面に残された竪穴住居跡・墓跡

 段丘面には、縄文時代から近世に至る各時代のたてあなじゅうきょあとこうたてものあとあと、アイヌ文化期のへいじゅうきょあとごうじょうこうなど多数のこうが残されています。

縄文時代後期から晩期の土杭墓群

 はっくつ調ちょうを行った「団地中央道」用地内からこうが多数みつかりました。また、その周辺で実施した調査でもこうはんに土坑墓や住居跡が残っていることが判明し、とくに縄文時代後期~晩期のこうは東西約80km、南北70mの範囲に集中していると考えられます。そこには、うるしそうしんふくそうした土坑墓も多数含まれているとすいていされています。

漆製品を多数納めた合葬墓

 がっそう (30号・118号・119号・123号)の4基は、直径1.6~2.5m、深さ1mほどの円形ないしえんけいに掘られた大形の土坑墓です。わずかに残った人の歯とそうしんの出土位置から、複数の人がまいそうされたとすいていされています。

重要文化財

 がっそう 3基から出土したふくそうひんは一括して国のじゅうようぶんざいに指定されています。内訳は、うるしせいひんと玉、サメの歯、です。うるしくしうでなどのそうしょくひんは縄文時代の漆技術を伝える貴重な資料です。

墓と副葬品

数人を埋葬した墓

 たいは頭を西に置き、手足を折り曲げてまいそうされていたと考えられます。歯やそうしんの見つかった場所から、30号こうで8人以上、118号土坑墓で4人、119号土坑墓で2人、123号土坑墓では5人が埋葬されていた推定されます。

多くの装身具を身につけて埋葬された

 出土したうるしせいひんの数は、120点を超えます。ほとんどは墓の底に納めたふくそうひんで、全体の8割は4基のがっそうから見つかりました。種類は、くしかみかざひたいかざみみかざかみかざひも(リボン)、むねかざり、うでこしかざおびなど、実に多様です。
 がっそうには、一人に多くのそうしんがそえられていました。こしかざおびは、119号と123号こうから各1点出土し、118号土坑墓からも漆を塗ったものではありませんが、サメの歯をたくさんつけたと推測される帯があります。こしかざおびをまとったそうしゃは特別な人物だったのでしょうか。

装身具 北国の大地がはぐくんだ縄文の美とこころ

頭の装身具

 うるしりのくしかみかざり、ひたいかざり、かんざし、みみかざりなどがしゅつしています。櫛は全て赤色うるしりです。表面は朱や赤桃色に塗られています。カリンバ遺跡のくしにはバラエティに富んだ美しいかし模様が見られます。

勾玉・玉

 玉の素材は、かんらん岩、はくかっせきすい、土。種類は、まがたまうすだま、丸玉、なつめだまなど。れんじゅで見つかったものが多く、連珠のなかには勾玉を1点から数点つらねて使用する例もあります。くびかざりとして使用するほか、ブレスレット、アンクレット、さらには頭部に着装してヘアーバンド風に使用する場合があったのかもしれません。

植物・獣皮素材のいろいろな腕輪

 カリンバ遺跡のうでは、植物のかわくきを丸くにし、その上によりいとを巻きつけたものや、草・じゅを巻いたもの、じゅうを素材にしたもの、大きな輪、二重の輪などがあります。輪の表面にとっ、ブリッジなどをつけて飾ったり、スリット模様をつけたものまで多種多様です。

123号土坑墓に埋葬された人の頭から首の装身具

 かみくしを3個を挿して飾り、ひたいには4個のうるしとサメの歯1個のひたいかざりをつけていると想像されます。うるしの輪は、ぬのせいひもかハチマキ状のものに糸でいつけて使用したものでしょう。このほか、オレンジ色のみみかざとかんらん岩のまがたまはくだまくびかざりもつけていたようです。

腰飾り帯

 123号こうの中央のそうしゃに着装されたと考えられるこしかざおびうでまがたまはくだまれんじゅ。帯は、植物の細いくきを数本たばねたもので、たいどうに巻いていたと推定されます。

遺跡年表

縄文時代
BC.7000
人が住み始め、墓がつくられる
カリンバ2遺跡に集落
函館市垣ノ島B遺跡
縄文時代早期北海道の時代
BC.4000
ユカンボシE8遺跡に土坑墓群
西島松2遺跡から漆製品
千歳市美々貝塚
縄文時代前期
BC.3000
柏木B遺跡に集落
伊達市北黄金貝塚
集落、竪穴住居がつくられる
南島松3遺跡ほか各地に集落
函館市大船遺跡
縄文時代中期
BC.2000
カリンバ1・2遺跡に大型住居
集落、段丘面に墓域
ユカンボシE3・E8遺跡に集落と墓
森町鷲ノ木遺跡
縄文時代後期
柏木川4遺跡から布製品
小樽市忍路土場遺跡
低地面に生活遺構
柏木B遺跡に周堤墓
千歳市美々4遺跡
BC.1000
漆製品を副葬した土坑墓群
西島松5遺跡に墓と漆製品
千歳市キウス周堤墓群
集落、竪穴住居と土坑墓群
柏木川4遺跡から手形・足形土製品
千歳市ママチ遺跡
晩期
弥生時代続縄文時代
BC.300
集落、西側に墓地
柏木B遺跡に墓地
伊達市有珠モシリ遺跡
AD.400
茂漁6遺跡に墓地
余市町フゴッペ洞窟
オホーツク文化期
古墳時代
網走市モヨロ貝塚
AD.600
飛鳥~平安擦文時代
集落、段丘縁に竪穴住居
西島松5遺跡に墓と鉄製品
江別市江別古墳群
AD.1200
柏木東遺跡に北海道式古墳
鎌倉~江戸アイヌ文化期
集落、平地住居と墓
カリンバ1~4遺跡にアイヌコタン
平取町ユオイチャシ跡
AD.1900